オフィスジャパンが行なっているサービスの全貌

ホールの全てを支える企業

男女

商品提供だけで終わらない

オフィスジャパンはホールを経営するにあたって必要な全要素に対してのサポートを行っています。ホールの基本となる釘の整備に使用するツールの販売だけでなく、アカデミーによる人材育成まで行います。オフィスジャパンの経営理念は「人こそ財産」です。人材育成も単なる集合研修にとどまらず、各店舗の現場においても成果につながる人材教育が可能な教育体系を持っています。現場での教育や指導を継続することにより、ホール経営の新たなポイント明らかになり、意識と行動を改善することができます。そうした改革が、ホールの現状を変えるだけでなく将来を担うことのできる人材を確保します。オフィスジャパンはモノだけに頼らないホール経営の実現をサポートします。

安定営業を継続するために

オフィスジャパンでは統一ゲージ理論に基づいた営業管理法によって人材教育や現場での指導を行います。ホールの利益は、新台入替やイベントなどに投資することで一時的に増やすことができます。しかしこれらの投資はあくまでも一時的であり、継続するには莫大な資金が必要です。オフィスジャパンの行う指導は、お客様の評価を上げることで安定したホール営業につなげます。営業管理手法の改善は地味で手間がかかる印象かもしれませんが、何よりも大切な地域のお客様の信頼獲得につながる結果になります。手をかけた台を大切に使いたい、お客様を満足させるサービスを提供したい、何よりホールの稼働を安定させて利益を向上させたいという、ホール運営者の方の手助けができる企業です。また、電話代行サービスも行っており、人手が足りない企業のサポートを行っています。伝言を承ることもできるので、業務が滞ることはありません。

分析で効率化を目指す

マーケティングオートメーションでは、商品の販売動向や趣向などを自動的に収集分析するための営業支援システムである。これらの活用事例では、個人ごとの趣向などを分析することで、より細かな広告活動や営業活動が行われる傾向にある。

企業の宣伝の場

展示会に出展するのなら、製品やサービスを世間に知らしめるための工夫をおこなわなければ、費用が無駄になってしまいます。そのため、プロの施工業者を活用して、周りよりも目立つ展示会場にすることをおすすめします。

営業活動の効果をあげる

SFAやCRMなど、営業支援システムは数多くあります。中でもSFAは営業活動に必要な機能が集約されているのが特徴です。クラウド型の登場で、導入しやすくなっていますが、使いこなせずに導入に失敗するケースもあるので、計画を立て、自社に合う製品を選ぶことが大切です。