オフィスジャパンが行なっているサービスの全貌

分析で効率化を目指す

スーツの人

自動化が進んでいる

企業においては、様々なマーケティング活動を行い顧客の獲得や売り上げ向上を行っている。これらの活動について、近年注目が集まっているものとしてマーケティングオートメーションがある。マーケティングオートメーションは、WEBなどを活用しながら、マーケティング活動を効率化するためのシステムのことである。従来の活動では、担当者が顧客のニーズなどを直接調査をし、どのような商品が売れる傾向にあるかなどの情報収集が行われてきた。これらを行う為には、その担当者が必要となり情報収集に掛かる労力も多くなる。一方、マーケティングオートメーションでは、システムを利用して自動で顧客の動向や売れ筋動向などを分析し、営業活動に活用できる。

営業活動と効率化

マーケティングオートメーションの事例には様々なものがあるが、その事例としてあるのがWEBの閲覧履歴による解析である。WEBの閲覧履歴を解析することで、ユーザーがどのような商品に興味を持っているかを把握していくことができる。この際、利用ユーザーの性別や年齢などがわかれば、さらに細かな情報分析を行っていくことができる。さらに、事例としてあるのは特定のユーザーの行動を分析していくことで、ユーザー個人単位で商品の販売を促したり、割引キャンペーンを行うなどより細かな活動を行っていくということがある、従来の方法では、大衆に対しての情報収集とその活用であるが、近年事例などで出てきているものでは、より個人向けの活動になっている。